エムズコンピューターシステム TOPへエムズコンピューターシステム
値引き処理の方法 Pro.21
伝票単位の値引率指定

(上図は「カットPro.21」での 伝票単位での値引き例 ↓3.)

1.直接値引き額を入力する。

      数量 1   単価  −1000(マイナス符号付) で入力


2.明細単位(明細ごとに値引率を指定)

      明細入力時、単価の項目でダブルクリックで値引率指定になります。

      5000円  10%値引き  4500円 に単価が変わります。
      明細メモに 自動的に 10%引 の文字が入りますので、処理後かどうかわかります。

          
3.伝票単位(入力済明細の合計に対する値引率を指定)

      例えば、明細を
3行入力後、4行目に値引きの明細を入力します。
          (初期値は 単価0必須 0の時のみボタン利用可能になります)
          (伝票計表示の右側にある 
伝票計値引 ボタン)
   
   伝票合計が 1万円の場合に、10%値引きをすると −1000円の単価になり
      明細数は 4行で、行目は −1000円 伝票合計は 9000円になります。
      明細メモに 自動的に 10%引 の文字が入りますので、処理後かどうかわかります。

      値引き処理後も明細の追加できますが、追加明細分については値引きは反映しません。
値引き後