エムズコンピューターシステム TOPへエムズコンピューターシステム 「Pro.21」


クラウド転送(プロ版の機能)

・データをバックアップファイルとしてクラウドに保存できます。
・クラウドに保存したデータを店や自宅でPCに受信、日々の処理を続けることができます。

 
初期設定にて、クラウド転送解除パスワードを設定(受信する際に必要です)



クラウド
(暗号化されます) ← →   (自宅PC、事務所など)

 ↑ ↓(暗号化されます)

(店PC)


■次のようなご利用方法

・店と自宅などでのデータのやり取りがネット経由で可能になります。
 店でクラウドに転送(送信) → 自宅でクラウドから受信
 自宅でクラウドに転送(送信)→ 店でクラウドから受信・・・
 
USBメモリーなどに保存して持ち運ぶ必要がなくなります。
  クラウドに保存しているデータに直接データを書き込みなどはできません。店と自宅などのお互いのデータのやり取りなどに利用可能です。

・データのバックアップとして利用(クラウドに転送(送信)、いつでもクラウドに保存したデータに戻れます)
・画像を登録していない場合、たいていの場合、送受信は数十秒〜2分程度です。(回線速度によります)

・スタンダード版 → プロ版 へのアップグレードは、23,000円です。簡単に切替可能。データはそのままご利用頂けます。


 1.クラウドに転送 (送信) と 受信(ダウンロード)
   例えば、店のデータを自宅で使いたい場合、店でクラウドにデータ転送後、自宅でクラウドから受信します。
   自宅でデータ入力後、クラウド転送しておけば、店でデータを受信できます。

メインメニュー


 2.クラウドにデータ転送 を実行すると、ネット上に暗号化されてデータが保存されます。
クラウドに転送(送信)します。


 3.(クラウド)データの受信(仮) を実行すると、暗号化解除パスワードの入力画面がでます。
   その後、クラウド上のデータを一旦、ダウンロードして、保存した日時を表示します。
   ↓
   クラウド上にあったデータと入れ替える場合は、2.入替実行をします。
   (この処理を実行後も、クラウド上のデータに変化はありません)
   

クラウドからデータを受信(ダウンロード)します。


売上伝票クレジット
Copyright (c) 2005 All Rights Reserved. M's エムズコンピューターシステム